やしろの森公園とは


 古くから薪や炭、肥料を得るなど生活に結びついていた森のことを「里山」と言います。
 「里山」にはたくさんの動植物が生育するほか、良好な生活環境を守る森として重要な役割があるのです。
 ところが、私たちの生活が変化し、石油や化学肥料を使うようになった近年は、人と森との関わりが薄れ、里山は手入れされずに荒れ果てた状態になってしまいました。。

 里山を身近な自然と親しむ活動の場として、県民の皆さんの手で守り育てていこうというのが「やしろの森公園」です。
 やしろの森公園には、いろいろな動植物が生息する豊かな里山林と水辺環境があり、点在する大小のため池には、トンボをはじめとする多様な生き物が見られます。 やしろの森公園では、このような自然豊かな森に親しみ、楽しみながら森の大切さを認識できるような、多彩で楽しいプログラムを展開しています。
 
 子供たちが自然とのふれあいや身近な動植物の観察などを通じて、ものの大切さや自然の営みを理解し、身近な環境について考える場となるとともに、都市住民と地元住民や世代間の交流の場、親子・家族のふれあいの場として、多くの方々に利用されることを期待しています。



やしろの森公園の詳細