やしろの森公園の樹木

ナツツバキ(シャラノキ・沙羅の木) 【つばき科】<BR>花期:6月下旬〜7月中旬<BR>花は1日花で、朝咲いて、翌朝には落ちるので、花の<BR>時期には地上一面に、白い花びらを敷いたようになる。<BR>樹皮は表面がはげ落ちて、なめらかな斑紋ができる。<BR>
<B>ナガバモミジイチゴ</B> (長葉紅葉苺) 【ばら科】<BR>西日本の山野に生える落葉低木。<BR>4月に白い花が咲き、6月には黄色い実が成り、食べられる。<BR>
 
ナツツバキ ナガバモミジイチゴ  

ザイフリボク(シデザクラ) 【ばら科】<BR>落葉小高木で、4月中旬5弁の白い花が枝先に密集して咲く。<BR>
<BR>クロバイ (ハイノキ科) 2005.5.07撮影<BR><BR>常緑高木<BR>
<BR>カラタチバナ (やぶこうじ科) 2005.02.03撮影<BR><BR>常緑小低木<BR>林の中に自生、枝分かれしない。<BR><BR>よく似た赤い実の成る小低木五種は別名次のように呼ばれることがある。<BR>アリドオシ・・・・・イチリョウ(一両)<BR>ヤブコウジ・・・・・ジュウリョウ(十両)<BR>カラタチバナ・・・・・ヒャクリョウ(百両)<BR>センリョウ(千両)<BR>マンリョウ(万両)<BR>
ザイフリボク クロバイ カラタチバナ

コシアブラ 【うこぎ科】<BR>落葉高木で、同じうこぎ科のタカノツメに似るが、葉は5複葉(タカノツメは3複葉)で、<BR>木はタカノツメより大きくなる。春、新芽は山菜として食用になる。<BR>
ヤマザクラ 【ばら科】<BR>野生の桜で山地に自生、葉が出て花が咲く。花期は4月中〜下旬。<BR>
ヤブツバキ 【つばき科】<BR>花期は2〜4月、花は開ききらない。<BR>
コシアブラ ヤマザクラ ヤブツバキ

マルバアオダモ (もくせい科)<BR>落葉高木。野球のバットの材料として使われる。<BR>
コウヤボウキ 【きく科】<BR>山地の日当たりの良いやや乾いたところに生える。<BR>高野山でこの枝を束ねて箒として使っていたことからこの名が付いたと言われている<BR>
タンナサワフタギ 【はいのき科】<BR>5月頃白い花が咲き、秋には実が藍黒色に熟します。<BR>
マルバアオダモ コウヤボウキ タンナサワフタギ

<BR>ガンピ (じんちょうげ科) 2003.5.24撮影<BR><BR>花は花弁が無く、顎が筒状になったものである。<BR>樹皮は、高級和紙「雁皮紙」の原料に使われる。<BR>
<BR>コブシ (もくれん科) 2003.4.9撮影<BR>
<BR>ヤブコウジの実 (やぶこうじ科) 2002.12.27撮影<BR>7月頃に白い小さな花が咲きますが、あまり目に付きません。<BR>冬には鮮やかな赤い実をつけ、よく目立ちます。<BR><BR>よく似た赤い実の成る小低木五種は別名次のように呼ばれることがある。<BR>アリドオシ・・・・・イチリョウ(一両)<BR>ヤブコウジ・・・・・ジュウリョウ(十両)<BR>カラタチバナ・・・・・ヒャクリョウ(百両)<BR>センリョウ(千両)<BR>マンリョウ(万両)<BR>
ガンピ コブシ ヤブコウジ

<BR>コガクウツギ [ゆきのした科] <BR>
<BR>ネムノキ (まめ科) 2002.6.21撮影<FONT color="red"></FONT><BR><BR>漢字では「合歓木」と書く落葉小高木。<BR>夜間には葉を閉じ、6〜7月頃、上の写真のような刷毛状の花が咲きます。<BR>
<BR>ガマズミ (すいかずら科 ガマズミ属) 2002.4.18撮影<BR>
コガクウツギ ネムノキ ガマズミ

<BR>ウメモドキ(もちのき科)<FONT color="red"></FONT><BR>
フジ<FONT color="red"></FONT><BR><BR>北隆館発行の原色樹木大図鑑によると、似たものに<BR>ノダフジとヤマフジの2種があるようですが、<BR>写真ではどちらであるか判別困難です。<BR>
スイカズラ(ニンドウ) (スイカズラ科)2003.5.28撮影<BR><BR>北隆館発行の原色樹木大図鑑によると、花の蜜を吸うと甘いのでこの名があるという。<BR>
ウメモドキ フジ スイカズラ

<CENTER>ナツハゼ [つつじ科スノキ属]<br>
<BR>リョウブ (2001.5.16 撮影)<BR>
<BR>ツクシハギ(まめ科)<FONT color="red"></FONT><BR><BR>岩手県以南に生える日本固有の落葉低木<BR>
ナツハゼ リョウブ ツクシハギ

<BR>コナラ (2001.6.16 撮影) [ぶな科]<BR>やしろの森に最も多い樹種の一つです。<BR>カブトムシ、クワガタなどの昆虫のよく集まる木ですが、キノコ栽培や炭焼きの原木として有用な木です。
<BR>ウリカエデ (2001.6.21 撮影)<BR>[かえで科カエデ属]
<BR>ヒメコウゾ (2001.6.21 撮影)<BR>[くわ科コウゾ属]<BR>山野に自生する落葉低木で、樹皮は昔から和紙、織物に利用され、果実は食用、薬用にされる。
コナラ ウリカエデ ヒメコウゾ

<TITLE>栗の木</TITLE>
<BR>ネジキ (2001.6.9 撮影)<BR>[つつじ科ネジキ属]<BR>幹がねじれる性質があるのでネジキと呼ばれる<BR>
<BR>ネジキ (2001.6.9 撮影)<BR>[つつじ科ネジキ属]<BR>幹がねじれる性質があるのでネジキと呼ばれる<BR>
栗の木 ネジキ タカノツメ

<BR>コバノミツバツツジ (2001.4.13 撮影)<BR>[つつじ科ツツジ属]<BR>
<TITLE>モチツツジ</TITLE>
<TITLE>アセビ</TITLE>
コバノミツバツツジ モチツツジ アセビ

<BR>コツクバネウツギ (2001.5.19 撮影)
<TITLE>ヤマボウシ</TITLE>
<BR>ソヨゴ (2001.5.16 撮影)<BR>
コツクバネウツギ ヤマボウシ ソヨゴ

<TITLE>ヒサカキ</TITLE>
<TITLE>オオバヤシャブシ</TITLE>
<BR>ウツギ (2001.5.29 撮影)<BR>[ゆきのした科ウツギ属]<BR>
ヒサカキ オオバヤシャブシ ウツギ