やしろの森の野鳥

<B>ハシボソカラス (すずめ目からす科)</B>[金高 博 氏 撮影]<BR>
<B>マガモ(真鴨) (がんかも目がんかも科)</B>[金高 博 氏 撮影]<BR><BR>当公園で行っている「アイガモ農法」に使っているアイガモとよく似ているが、<BR>アイガモはこのマガモとアヒルの雑種である。<BR>アイガモは飛翔力が無く、ニワトリ程度にしか飛ぶことが出来ないが、<BR>本種は渡り鳥で、秋にシベリア方面から渡って来て、春には北へ帰る。<BR>
<B>マミチャジナイ (すずめ目ひたき科)</B>[金高 博 氏 撮影]<BR>
ハシボソカラス06.5.31 マガモ06.5.31 マミチャジナイ06.5.31
<B>ミソサザイ(鷦鷯・三十三才) (すずめ目みそさざい科)</B>[金高 博 氏 撮影]<BR>
<B>カワウ (川鵜) (ぺりかん目う科)</B><BR>鵜飼に使われる鵜は「ウミウ」で、本種ではありません。<BR>
<B>アトリ (すずめ目あとり科)</B><BR>スズメより少し大きく、日本へは冬鳥として渡来する。<BR>
ミソサザイ06.5.31 カワウ06.5.13 アトリ06.5.13
<B>ウグイス (鶯) (すずめ目うぐいす科)</B><BR><BR>黄緑色をうぐいす色とも言いますが、実際の<BR>うぐいすは、このように地味な色をしていて、<BR>鳴き声は聞けても、見つけるのは難しい鳥です。<BR>
<B>ハイタカ (灰鷹) (わしたか目わしたか科)</B><BR><BR>オオタカに似ているが、雄はハトくらいの大きさで、雌は一回り大きい。<BR>やしろの森公園ではノスリと同様、アイガモ農法のアイガモを狙うことがある。<BR>
<B>ハヤブサ (隼) (わしたか目はやぶさ科)</B><BR><BR>飛んでいる他の小鳥を、空中で足で捕まえる、猛禽類。
ウグイス ハイタカ06.5.10 ハヤブサ06.5.10
<B>トビ (鳶) (たか目たか科)</B><BR><BR>
<B>ウソ (鷽) (すずめ目あとり科)</B><BR>
<B>トラツグミ (虎鶫) (すずめ目つぐみ科)</B><BR><BR>ツグミより一回り大きい<BR><BR>
トビ ウソ トラツグミ



青い枠のある画像はクリックすると拡大画像が見られます
<B>サメビタキ(鮫びたき)  (すずめ目ひたき科)</B><BR><BR>
<B>スズメ (雀) (すずめ目はたおりどり科)</B><BR><BR>
<B>シメ  (すずめ目あとり科)</B><BR><BR>
サメビタキ スズメ シメ
<B>モズ(百舌) ♂ (すずめ目もず科)</B><BR><BR>
<B>ムクドリ(椋鳥) ♂ (すずめ目むくどり科)</B><BR><BR>
<B>ルリビタキ(瑠璃びたき) ♂ (すずめ目つぐみ科)</B>[金高 博 氏 撮影]<BR>
モズ ムクドリ ルリビタキ06.5.31
<TR><TD align="center">クロジ (ほおじろ科)<BR></TD></TR>
<TR><TD align="center">メボソムシクイ (うぐいす科)<BR></TD></TR>
<TR><TD align="center">ミサゴ (たか科)<BR></TD></TR>
クロジ メボソムシクイ ミサゴ



青い枠のある画像はクリックすると拡大画像が見られます
<TR><TD align="center">コガモ (かも科)<BR>体長約38cm、冬鳥として渡来する。<BR>
<TR><TD align="center">コゲラ (きつつき科)<BR>体長約15cm、コナラの木などで、垂直に上下して、<BR>木をつついている姿がよく見られる。<BR>
<TR><TD align="center">コジュケイ (きじ科)<BR>体長約27cm、キジと同様、空高く飛ぶことはなく、地上を歩いて生活する。<BR>鳴き声は「チョットコイ、チョットコイ」と聴きなされる。<BR>中国原産の鳥で、20世紀初め頃に放鳥されたものが定着した。
コガモ コゲラ コジュケイ
<TR><TD align="center"><B>キジ</B>  (きじ科)<BR></TD></TR>
<TR><TD align="center"><B>キジバト</B>  (はと科)<BR></TD></TR>
<TR><TD align="center"><B>キセキレイ</B>  (せきれい科)<BR></TD></TR>
キジ キジバト キセキレイ
<TR><TD align="center"><B>カワラヒワ</B>  (あとり科)<BR></TD></TR>
<TR><TD align="center"><B>キビタキ</B> ♂  (ひたき科)<BR></TD></TR>
<TR><TD align="center"><B>カヤクグリ</B>  (いわひばり科)<BR></TD></TR>
カワラヒワ キビタキ カヤクグリ


青い枠のある画像はクリックすると拡大画像が見られます
<TR><TD align="center"><B>イカル</B>  (あとり科)<BR></TD></TR>
<TR><TD align="center"><B>カルガモ</B>  (がんかも科)<BR></TD></TR>
<TR><TD align="center"><B>カシラダカ</B>  (ほおじろ科)<BR></TD></TR>
イカル カルガモ カシラダカ
<TR><TD align="center"><B>ホオジロ</B>  (ほおじろ科)<BR></TD></TR>
<TR><TD align="center"><B>ホオアカ</B>  (ほおじろ科)<BR></TD></TR>
<TR><TD align="center"><B>ヒガラ</B>  (しじゅうから科)<BR></TD></TR>
ホオジロ ホオアカ ヒガラ
<TR><TD align="center"><B>アオサギ</B>  (さぎ科)<BR></TD></TR>
<TR><TD align="center"><B>エゾビタキ</B>  (ひたき科)<BR></TD></TR>
<TR><TD align="center"><B>ビンズイ</B>  (せきれい科)<BR></TD></TR>
アオサギ エゾビタキ ビンズイ


青い枠のある画像はクリックすると拡大画像が見られます
<TR><TD align="center"><B>アオジ</B>  (ほおじろ科)<BR></TD></TR>
<TR><TD align="center"><B>アカゲラ</B>  (きつつき科)<BR></TD></TR>
<TR><TD colspan="2" align="center"><B>カケス</B>  (からす科)<BR></TD></TR>
アオジ アカゲラ カケス
<TR><TD align="center"><B>ハクセキレイ  (せきれい科)</B></TR><tr></tr><TR><TD align="center"><BR>
<B>ツグミ (鶫) (すずめ目つぐみ科)</B><BR><BR>
ヒヨドリ ハクセキレイ ツグミ
<B>ノスリ (たか目たか科)</B><BR><BR>
<B>ヤマガラ  (すずめ目しじゅうから科)</B><BR><BR>
ミヤマホオジロ (ほおじろ類ほおじろ科)<BR><BR>
ノスリ ヤマガラ ミヤマホオジロ



青い枠のある画像はクリックすると拡大画像が見られます
<TR><TD align="center">コサメビタキ (ひたき科)<BR>体長約13cm、夏鳥として渡来する。<BR>苔類を集めて木の横枝に巣づくりをする。</TD></TR>
シロハラ (つぐみ類ひたき科つぐみ亜科)<BR>
ツバメ コサメビタキ シロハラ
  <TD align="center">メジロ (めじろ科)<BR><BR>
<TR><TD align="center"><B>エナガ (えなが科)</B></TD></TR>
  <TD align="center">セグロセキレイ (すずめ目せきれい類せきれい科)
メジロ エナガ セグロセキレイ
<B>オオルリ (スズメ目ヒタキ科ヒタキ亜科)</B><BR><BR>
  <TD align="center">シジュウカラ (すずめ目しじゅうから科)<BR>
<B>ジョウビタキ</B> (ひたき科)<BR><BR>冬鳥として越冬のため大陸から渡ってくる。<BR>縄張り意識が強く、トイレの鏡に映った自分の姿を<BR>別の鳥だと思って盛んに攻撃する姿が見られる。<BR>翼に白い斑があり、容易に見分けられる。<BR>
オオルリ シジュウカラ ジョウビタキ